KOGAO BLOG

小顔科学研究所ブログ

  • 小顔情報

    2016年6月14日

    睡眠を制するものは健康も制する!

    良質な睡眠とは、ぐっすりとよく眠りスッキリとさわやかに目覚めること。
    良質な睡眠がとれれば、身体の疲れも回復し、精神的にもしっかりと休むことができるため、次の日への活力を蓄えることができます。

    多くの人がやりがちな寝る前の携帯電話の使用やTVは避けましょう。
    寝る前はできるだけ部屋を暗くし、睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌しやすい環境を作ってあげることが大切です。

    また、副交感神経を高めリラックスするために、お風呂は38度ほどのぬるめのお湯に入りましょう。

    そして休日に寝溜めをしているという方…
    実は平日と休日の睡眠時間の差が2時間以上あると、平日は特に睡眠不足となる恐れがあります。
    その日の疲れはその日のうちに解消することが大切です。

    睡眠の質を高めて、健康的な寝溜めの習慣がある方は、毎日平均的な規則正しい生活を心掛けましょう♪

カテゴリー

Copyright © 小顔科学研究所 All Rights Reserved.

運営会社:株式会社AddConcept

BOOKING NOW!