KOGAO BLOG

小顔科学研究所ブログ

  • 美容コラム

    2018年4月24日

    「幸せホルモン」とは

     

     

    近年注目を浴びている「オキシトシン」。

    脳内で分泌されるホルモンで筋肉を収縮をサポート、

    中枢神経内で神経伝達物質としての働きもあります。

    オキシトシンが分泌されると安心感を感じ自律神経が整います。

    この季節自律神経が乱れてしまう方が少なくはありません。

    安心と心地よさを感じると、穏やかな気持ちを持つことが出来ます。

    血圧を下げて血中のストレスを減らして身体の中からリラックス

    することで、自律神経を整えて睡眠を促してくれます。

    高血圧は、私たちに重大な心疾患を引き起こす原因になりかねないと

    言われていますが、過度なストレスも自律神経の乱れや

    血管の収縮を引き起こし、心臓に悪影響を及ぼしてしまいます。。。
    心理的なストレスを抱えている場合の

    心筋梗塞などの心疾患にかかる確率はなんと2倍になるともいわれています。

    またストレスがかかったときに出るホルモンの分泌を抑制するので、

    オキシトシンが分泌されれば、ストレスにも強くなります。

    さらには脳内麻薬といわれるエンドルフィンを分泌を促進して、

    からだの痛みを和らげるのです。

    反対にオキシトシンが不足すると、

    不安感や喪失感といった感情が出やすくなります。

    「情緒を安定させて人間関係を円滑にする」

    人にとっても大切な役割があるのです(´・ω・`)!

    親近感や信頼感が増して、人と笑顔で接すると

    自然と人として周囲から魅力的に映ります。

    また依存症状を緩和する働きもある為、

    アルコール・ニコチンなどの依存症状を緩和します。

    では幸せホルモンと呼ばれる

    「オキシトシン」はどのようにして分泌されるのでしょうか。

    オキシトシンは増えたら増えた分また増えるという性質があります。

    分泌されたオキシトシンは周辺の細胞から細胞へとどんどん広がってゆきます。

    一番重要なのが、人との会話やコミュニケーション、

    スキンシップだと言われています

    ご結婚のパートナーや彼氏や彼女、ペットとのふれあいでも

    分泌されます。親しい友人とのおしゃべりや、

    家族で過ごしている時間もオキシトシンが分泌されています。

    他にもマッサージやエステ、心を動かし、感動する出来事や映画を見ている時でさえも同様に分泌されると言われています。

    映画やドラマでは特に恋愛要素のある物語に触れることも効果的です!!

    好きな俳優やアイドル、歌手の応援や歌を聴くこともオキシトシンは分泌されます(^^♪

    さらに他者のために親切行動をすると

    オキシトシンが分泌されることが判明しています(^^)/

    意外なことに「かわいい」「きれい」など感動を言葉にするのも効果があるようです♪

    そして、初めての場所へ旅行に行く、知らない分野の本を読んだり、スポーツに挑戦する、

    イメージチェンジしてみたり、帰宅の際に通ったことのない道を通ってみるなど、

    ちょっとしたことでも効果は抜群です!好奇心を持ち、初めてのことにどんどん

    チャレンジしてみましょう。新しいことにチャレンジする好奇心は心身を若く健康に保ちますが、オキシトシンも分泌させます。

     

    一年で一番自律神経が乱れると言われるこの季節。

    自分自身はもちろんですが、周りの大切な家族や恋人や友人と接すると

    周りも幸せで健康に過ごすことが出来るのです(^^♪!!!

    「オキシトシン分泌」を理解して

    幸せを掴み取るチャンスを引き寄せましょう!

カテゴリー

Copyright © 小顔科学研究所 All Rights Reserved.

運営会社:株式会社AddConcept

BOOKING NOW!