KOGAO BLOG

小顔科学研究所ブログ

  • 美容コラム

    2018年7月17日

    熱中症対策を万全に!

    梅雨が終わり本格的な夏が始まりました。
    近日全国各地で35度を超える猛暑日が続いています。
    岐阜県などでは最高気温が39度以上、、、:;(∩´﹏`∩);:
    熱中症で倒れる方が各地で増えています。
    健康であることが美容の基本であり大前提ですよね(‘ω’)

    すぐにできる熱中症対策をご紹介していきます。

    まず熱中症とは、どのような症状かご存知でしょうか。
    熱中症とは室内や室外問わず、気温の高い場所で汗をかくことで
    水分や塩分などが失われて、バランスがとれないようになって
    体温調節ができなくなることによりおこります。
    野外にいる際は気をつけている方も多いですが、キッチンや高温多湿の
    体育館やエアコンをつけていない室内でのスポーツや掃除などで
    発症する方も多いので注意が必要です。特に体温調節機能がまだ未熟な
    お子さんや免疫や体温調節機能が低下しているご高齢者の方は
    周りの方も気にかけてあげることが重要です。

    熱中症の症状は軽症か重症かにもよってかなり変わってきます。
    軽症の場合はめまいやたちくらみ、汗が大量にでる等の症状が現れます。
    また発汗により、塩分不足になると、筋肉痛になりやすくなったり、筋肉の硬直が
    生じる場合もあります。
    軽度の場合は、涼しい場所で休み、水分補給とからだの体温を下げましょう。
    これよりも症状がひどい場合の症状としては、
    頭痛や吐き気、手足のしびれ、集中力や判断力の低下、意識がもうろうとしてきます。。
    この場合は病院へすぐに診てもらうことをお勧めします。
    さらに症状が進むと全身の痙攣、意識障害、高体温になってしまいます。

    対策として何よりも大切なのが、
    「水分をこまめにとること」です。
    のどが渇いていなくても夏は水分補給をしましょう。
    一度にたくさん飲むよりもこまめにゆっくり飲むのが
    効果的です(^^♪!!!
    また「塩分」もとても重要です。
    汗をかくと水分に加えて、塩分も体外に排出されます。
    体内の塩分量が減るとミネラルバランスが崩れた状態になります。
    汗をかきやすい夏シーズンはスポーツドリンクや塩分を食事を通して
    摂るように徹底しましょう(´・ω・`)

    「スポーツドリンク」が心強い味方
    塩分や糖分を含むスポーツドリンクは、水分の吸収がスムーズにできて
    熱中症対策には最適です( *´艸`)!!!!
    熱中症対策には水分や塩分、カリウムなどのミネラルをはじめとした
    様々な栄養素を食事を通じて補うことが大切です。
    どのような食材がいいのかおススメをご紹介します(^^♪

    ☆カリウム
    カリウムは体内の水分保持の役割のある栄養素です。
    食材ではバナナやノリ、ホウレンソウやパセリ、ジャガイモに多く含まれています。
    汗をかく際に、塩分とともにカリウムが失われると細胞自体が
    脱水症状を起こします。
    カリウムを摂ることは熱中症対策にも回復にも効果があります☺

    ☆クエン酸
    レモンやオレンジ、お酢などに含まれる成分で、疲労の原因の乳酸の発生をおさえて、
    最近では疲労回復にも効果的だと注目を浴びています。
    エイジングケアや美肌にも効果的な夏にぴったりの栄養素です:;(∩´﹏`∩);:!!

    ★梅干し
    食塩やクエン酸ナトリウム、塩化ナトリウムが含まれており
    熱中症対策にも疲労回復にも絶大な効果のある梅干し。
    一日一粒でも十分な効果があります。

    ★すいか
    90%が水分で出来ているすいかには、糖分やカリウム、カルシウム、ミネラルが
    たくさん含まれているフルーツです。
    ビタミンCも含まれているので、夏にぴったりのフルーツです(‘ω’)!!

    『夏のケア』というを美白や日焼け対策と考える方が多いを思います。
    しかし健康と美容は密接に関係しているので熱中症対策もとても重要です。

    対策と予防を万全にして楽しい夏を過ごしましょう。

カテゴリー

Copyright © 小顔科学研究所 All Rights Reserved.

運営会社:株式会社AddConcept

BOOKING NOW!