KOGAO BLOG

小顔科学研究所ブログ

  • 美容コラム

    2018年11月24日

    ☆冬の乾燥肌対策☆

    だんだんと寒くなってきてお肌の乾燥が気になる季節。。。

    湿度が高く保湿されていると思われがちな浴室ですが
    湯船につかっている時でさえも肌のツッパリや乾燥を感じることはありませんか?

    お風呂の温度に注意が必要です。
    あまりに高い温度に設定している場合、身体の中の水分まで
    蒸発してしまうのです。。。
    熱いお湯は肌表面の皮脂やセラミドを必要以上に落としてしまいます。
    お風呂のお湯が体温よりも高い42度以上の場合は体が温まる前にのぼせる可能性も。。。
    熱いお湯に入ると、とっても温まった感じがしますが、結果お風呂から上がると、
    身体の芯から温まっていない為、すぐ冷えてしまいます。
    お肌の潤いを逃がさないためにも、冷え防止のためにも、
    湯船の適温は冬でも37〜39度であることを心得ましょう!!!!

    身体を洗う時も洗い過ぎは要注意( *´艸`)!
    ボディタオル等で力いっぱいゴシゴシこするのはNG。
    シルクやコットンのタオル、手の甲、脚などは
    手のひらで優しく洗いましょう。。。

    洗顔は人肌温度で!
    熱いお湯でクレンジングや洗顔すると、乾燥の原因に!
    クレンジングや洗顔は、人肌くらいのぬるま湯で入浴中に
    蒸気で肌をやわらかくし、お風呂を出る前に行うのが理想です。
    髪の毛を洗う時なども、あまりにあつい温度にならないように注意しましょう。
    優しい手で泡を作り、力を入れずにやさしく洗いましょう。

    お風呂あがりの乾燥対策
    お風呂あがりの急激な乾燥を防止するために、、、
    バスルームのなかで体を拭きましょう!!
    空気に触れるまえにしっかりと水分を拭き取ることによって蒸発を防げます。
    その後、バスルームのなかでボディオイルを塗ってから浴室を出るとより効果的です!!
    浴室を出た後のお肌の乾燥を防止できて、お風呂上りもしっとり肌がキープ出来ます。
    また化粧水もお風呂場ですぐにできるように準備しておきましょう。
    浴室から出るとわずか1分で肌の水分が奪われるのです。
    スキンケアもボディケアも3分以内!!というのはかなり難しいので外に出る前に済ませておきましょう!!

    お風呂上がりは入浴中顔や身体を洗うことによって、本来のお肌の保湿機能が低下しやすくなっています。
    お肌の内側のうるおいを保つことが難しくなり、水分が蒸発しやすくなります(´・ω・`)。。。
    乾燥につながっていきます。。。お風呂から出た際は、肌がぬれていて一時的にうるおっているように見えるので、
    自分のお肌が乾燥していることに気づかない方も多いのです:;(∩´﹏`∩);:
    お風呂のなかで保湿アイテムを使用してうるおいを与えることで、
    お風呂上がりの急激な肌の乾燥を防ぎ、肌の水分を守りましょう。

    これからの寒い季節。。
    お風呂の入浴タイムが癒しになりますよね(‘ω’)ノ!!
    乾燥に気をつけて快適なリラックスタイムにしましょう♪

カテゴリー

Copyright © 小顔科学研究所 All Rights Reserved.

運営会社:株式会社AddConcept

BOOKING NOW!