KOGAO BLOG

小顔科学研究所ブログ

  • 美容コラム

    2018年12月6日

    お肌も髪の毛も乾燥注意サイン、、、(´・ω・`)

    冬は年間で1番空気が乾燥する季節。。
    さらに1日の気温差や暖房の使用などで肌の乾燥が加速するのです(´・ω・`)。。。

    肌の乾燥は角質の表面が乾いて剥がれやすくなります。
    それに伴い角質と角質の間に隙間ができてしまうのです。。。

    この隙間から水分が蒸発し、水分が失われてゆく原因に。。。
    水分が失われることで、肌のハリがなくなりシワやたるみが生じてくるのです(‘ω’)
    さらにこれが老化の原因になります。。。

    わたしたちは60兆個の細胞でできています(^^)
    そして、1日に5000億個の細胞が生まれ変わると言われています。

    細胞は代謝が活発でない場合新しく生まれ変わるのに
    時間がかかってしまうのです(´・ω・`)!

    肌の奥深くにある真皮が衰えてしまうと直接的に老化に繋がります。
    若々しい肌を保つためには、真皮内にコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が必要です。

    その為にもインナードライに注意しましょう!!
    油分が多いからメイク崩れでテカる、ベトベトしてしまう、、、と
    思い込んで油分ケアをしないといけないと思っている人が多いのですが、
    実は水分が足りていない状態でじつは乾燥性脂性肌かもしれないです。

    皮脂を抑える対策として、あぶら取り紙やティッシュでのオフ、過度の洗顔、
    ピーリングのし過ぎにより肌が危険信号を出して皮脂を過度に出してしまっている可能性があります。

    実は皮脂は肌の水分や潤いを逃がさないようにするバリアのような機能をしている為、
    過度のケアで皮脂が足りなくなってくると乾燥してしまうと肌が勘違いをしてどんどん皮脂を出してしまいます。

    室内を加湿することも重要です。
    室内の空気が乾燥しやすい冬は加湿器を使って加湿しましょう。

    エアコンの調整も重要で、職場等調整できない場合は
    あたたかい飲み物や白湯などのホットドリンクを用意してみるのもいいかもしれません。
    湿度が30%以上がお肌や目にも最適と言われています(‘ω’)!!
    お肌の乾燥には日中化粧直しや気付いた時に化粧水ミストや乳液で保湿することで
    かなり改善されます。

    お肌はもちろん髪の毛も影響を受けるのでヘアケアも重要です!

    冬場は切れ毛や枝毛が多くなる為、
    見た目にもパサつき感が出てきてしまいます。
    摩擦や静電気等ダメージを加速させる悪条件がたくさん。
    これらの影響でキューティクルがはがれやすくなり、
    その隙間からうるおいが逃げていくことで髪の毛が広がりやすく
    まとまらない原因となってしまいます。。。

    健康な髪の毛はおよそ12~13%の水分を保持していて、
    7パーセントを下回るとキューティクルがはがれてダメージ毛で見た目にも影響してきます(´・ω・`)。
    お顔が乾燥しているとき、ぬるま湯での洗顔がいいと聞いたことがある方も多いと思います。
    髪の毛も同じであつい温度でのシャワーは髪の油分や潤いも洗い流し過ぎてしまうのでNGです。

    冬でもうるおいのあるお肌も髪の毛で美意識を上げていきましょう♪

カテゴリー

Copyright © 小顔科学研究所 All Rights Reserved.

運営会社:株式会社AddConcept

BOOKING NOW!