KOGAO BLOG

小顔科学研究所ブログ

  • 美容コラム

    2020年1月5日

    年末年始&正月明けの新年会シーズンで 気を付けたい3つのダイエットポイント 【2020.01.05】

    新年明けましておめでとうございます🎍🐭
    
    本年もどうぞよろしくお願い致します。
    
    
    本日は美容情報をお送りします💫
    
    年末年始&正月明けの新年会シーズンで
    気を付けたい3つのダイエットポイント
    
    
    
    12月以降会食も多くなりがちで、
    忘年会や新年会続きで今日は特別~😀と
    自分に甘くなり、ちょっと身体の重たさを感じるまま
    12月を終え、そのままお正月休みに突入🎍
    
    更に開放的な食欲が拍車をかけて、
    年明けパンツがキツい!なんて経験した事がある方も
    多いのではないでしょうか?
    
    12月~1月の年末年始にかけた1ヶ月間で、
    1kg以上太ってしまうという人はなんと70%😵
    
    少しでも身体を動かすなど意識したいところですが、
    ちょっとした工夫をするだけでお正月太りは
    防げるコツがあるんです⭐️
    
    まだまだ新年会の続く皆様⭐️
    ぜひ参考にご覧ください🙇‍♂️
    
    ポイント①お酒の選び方
    
    お酒のカロリーを調べてみました。
    お酒には大きく分けて2種類あります🐥
    
    蒸留酒(純アルコール、または純アルコールを水で希釈したもの。焼酎やブランデー、ウイスキーやウォッカ)
    
    醸造酒(純アルコールに糖などが含まれるもの。ビールやワイン、日本酒、サワー)
    があります。
    
    蒸留酒の方が、不純物が少なく体に溜まる物も少ないので二日酔いもしにくく、太りにくいお酒です。
    
    
    ポイント②おせち料理はカロリー高め
    
    おせち料理は、野菜や海鮮など健康的なものも多く
    油断していませんか?
    
    おせち料理は、長く保存ができるように糖分・塩分が
    とても高くなっており、味付けを濃い目に
    作られています🙆‍♀️🙆‍♀️
    そのため、少なめに盛ったつもりでも、
    一日の摂取目安カロリーを超えてしまっていることも
    少なくありません。
    
    食べる順番もポイントです。
    なますの酢や食物繊維には、血糖値の上昇を穏やかにする作用がありますので、なますや酵素の多いお刺身などから食べ、デザート代わりに甘い栗きんとん、黒豆、おたふく豆を食べると太りにくくなります。
    
    ■太りやすい料理
    
    砂糖を多く使っている料理はカロリーが高くなるので
    太りやすいです。人気のある栗きんとんも栗2粒分で
    約170kcal!少量でも太りやすい一品。
    食べる際は、量に注意するようにしましょう。
    
    ■太りにくい料理
    数の子や、大根と人参の酢の物である紅白なますは
    カロリーが低いです。ただし、塩分が高い料理も
    あるので、食べ過ぎには注意してください。
    
    ポイント③前後のカロリー調整は必須!
    
    ご馳走シーズンを乗り切る為には、当日はもちろん、
    前後日のカロリー調整がカギになっています。
    
    行事食のご馳走では、塩分や味付けの濃い食べ物、
    油が多く使われている食べ物などを
    選んでしまいがちです。
    
    年末年始に限らず夜にたくさん食べる日は
    夜にカロリーをちょっと多めに摂ってもいいように、
    朝食は水分の多いあっさりした食事
    (おにぎり、野菜ジュースなど)、
    昼食は蕎麦やうどんなどの消化の良い食事にしましょう。
    
    太ってしまった体重は2、3日は浮腫みとして
    体内にとどまり、約1週間で脂肪として
    定着してしまいます。
    
    1日、3日、1週間単位でカロリー収支の 
    帳尻合わせをすることで、体重の帳尻を合わせ、
    年末年始、そしてお正月明けの新年会シーズンを
    乗り越えましょう^^⭐️
    
    

カテゴリー

Copyright © 小顔科学研究所 All Rights Reserved.

運営会社:株式会社AddConcept

BOOKING NOW!